糖質制限と脂質制限はどちらが効果的?継続性・減量率・リバウンド率などを徹底比較!

糖質制限と脂質制限、ダイエットのことを調べると必ず出てくるワードですね。皆さんはどちらか、あるいはどちらも試したことはありますか?
この記事では、糖質制限・脂質制限のどちらがより効果的なのか解説していきます!

糖質制限とは?メリットデメリット

糖質制限とは

糖質制限というのは、簡単に言うと一日の食事の「糖質摂取量」を抑えることを言います。
では、糖質とは何でしょうか?糖質は、三大栄養素の一つである炭水化物に含まれている構成成分。
コンビニに行ったとき、何か商品を手に取って商品の裏を見てみてください。
カロリーが書いてある欄に、「糖質」の文字がありませんか?
糖質は血糖として即効性の高いエネルギー源になる栄養素で、食材・料理によって、含まれている量には大きな差異があります。

糖質制限のメリット・デメリット

糖質制限のメリットは、簡単にチャレンジできることです。
極力糖質をとらないように食生活に気を付ければいいので、糖質制限にチャレンジするビギナーは、まず主食の量を減らすことから始められます。
ご飯を茶碗一杯食べていた人は、1/3減らしたり、半分にしたりすることで糖質制限をスタートできます。
糖質制限をするために特別に用意するものはなく簡単に始められるため、手を出しやすいダイエットといえるでしょう!

糖質制限のデメリットは、糖質をとらないことを徹底するばかり、肉類を食べ過ぎてしまうことですね。
肉類や魚は一般的に糖質が低く、たんぱく質が高いものがほとんどです。ですから、肉類・魚介を食べ過ぎてしまい、
胃があれてしまったり消化不良になってしまったりする危険性があります。

糖質制限に向いてる人は?

糖質制限に向いている人は、ずばり「脂っぽいものが好きな人」です。
糖質制限中は、和菓子やケーキ、パスタやごはんなど甘いものや炭水化物は控えなければなりません。
糖質の高い食べ物より、もともと肉や魚など脂っこいものが好きな人にはあまり苦ではないかもしれませんので、
自分の嗜好性をよく考えてダイエットをすることが大事だと言えます!

脂質制限とは?メリットデメリット

脂質制限とは

脂質制限とは、糖質制限の正反対のダイエット法です。
糖質制限では糖質を多く含む食べ物を控えていましたが、脂質制限での敵は脂質です!
脂質を多く含むものを控え、その他の栄養素をバランスよく摂ることが求められます。
脂質はホルモンや細胞膜、核膜を構成したり、皮下脂肪として、臓器を保護したり、体を寒冷から守ったりする役割を担っています。
糖質制限で推奨されていた食べ物が、いきなり敵になってしまいますので、食べ物の糖質量・脂質量には敏感になりましょう。

脂質制限のメリット・デメリット

脂質制限のメリットは、「長く続けられること」です。
脂質制限において推奨される食事は、白米・うどん・そばのような主食に、低脂肪かつ高たんぱくなささみ肉や鶏むね肉、豚ひれ肉などです。
これらの食事は胃が荒れにくく、古来からの日本の食事と類似点が多いため日本人の体には負担があまりないでしょう。
また、ありがたいことにささみや鶏むね肉などはほかの肉類に比べ安価であり、家計に優しい点も長く続けられるポイントです!

脂質制限に向いてる人は?

脂質制限に向いている人は、「炭水化物大好き人間」です。
脂っこい食事は我慢できるけど、白米を抜いたり和菓子を抜いたりするのは耐えられない!そういう方にはぴったりのダイエットです。
ダイエットは、ただでさえストレスがたまる行為です。思うように体重が減らなかったり、満腹になるまで食べられなかったり…
そんな中で、自分の嗜好性にあわせてダイエット法を選べたらストレスもぐっと少なくなるのではないでしょうか?

糖質制限と脂質制限、続けやすいのはどちら?

糖質制限と脂質制限、続けやすいのはどちら、と一概にいうことはできないのです。
なぜなら、先ほど述べたように人の好みは十人十色であり、好きなものを食べつつのダイエットであれば、心が折れず続けていける可能性が上がるからです!
ただ、コストパフォーマンスの点でいうのであれば、間違いなく脂質制限のほうが安価で済むダイエットです。
糖質制限では良質なオイル、肉、魚を食べることを推奨します。これらは決して安くありませんし、毎日の食事に使う費用がいつもより上がってしまうかもしれません…
脂質制限ではささみ・鶏むね肉などのたんぱく質、白米・そばなどの炭水化物が中心になりますので、糖質制限よりも費用を抑えてダイエットを進めることができます。
自分の嗜好とお財布と相談しながら、無理のないダイエットを選びましょう!

糖質制限と脂質制限、体重が減りやすいのはどちら?

img.

では、どちらのほうが体重が減りやすいのでしょうか?
短期的に見ると、糖質制限の方が体重が減りやすい傾向があります。
炭水化物は水分を多く含む性質がありますので、炭水化物を食べ過ぎるとむくんだり、一気に体重が増えたりした経験はありませんか?
炭水化物をカットする糖質制限では、水分を多く含む炭水化物を抑えるため、自ずと自分の体に含まれる水分量が減り、体重の減少が顕著に表れるでしょう。
しかし!脂肪燃焼の観点からいうと、どちらも効果があります。
体重ばかりにとらわれるのではなく、見た目や体脂肪率に着目するといいですね!

糖質制限と脂質制限、リバウンドしやすいのはどちら?

糖質制限と脂質制限、いったいどちらがリバウンドしやすいのでしょうか?
リバウンドというのは、ダイエットをやめてしまうから起きることです。
ダイエットをやめる理由は何だと思いますか?
つらいから、楽しくないから、続けられないから…ですよね。楽しいことや苦しくないものは続けられるものです。
糖質制限と脂質制限、どちらが自分にとって「続けやすいか」を考えてください。あなたにとっての続けやすいダイエットが、リバウンドしにくいダイエット法です!

まとめ


これまで糖質制限と脂質制限について説明してきましたが、みなさんはどちらが自分に合っているダイエットだと思いましたか?
脂っぽいものが大好きで、毎日ステーキを食べないとストレスが溜まってしまう人もいれば、甘いものが大好きで、仕事の疲れをどら焼きや大福で癒す人もいるでしょう。
自分にはどのダイエットがあっているのか?どのダイエットなら続けていけそうなのか?を考えて、無理ない範囲で理想のボディメイクを推し進めていきましょう!

報告する

関連記事一覧