【KRAFIT×b-monster 】スペシャルインタビュー 大人気パフォーマーAISHAさんに聞いてみた7つのコト!

この記事の執筆者

mei

元フィットネストレーナー

mei

元フィットネストレーナー 趣味:アニメ鑑賞・カフェ巡り 好物:減量後のケーキ

今回は、暗闇ボクシングスタジオb-monsterでパフォーマーとして働くAISHA(アイシャ)さんに、パフォーマーという仕事についてお話を伺ってきました。パフォーマーとしての肩書きを持つ現在、フィットネスというワードにどのような思いを抱いているのか。AISHAさんに様々なクエッションをぶつけながら紐解いていきます。

AISHAさんのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

AISHA(@aisha_bmonster)がシェアした投稿

現在b-monsterのパフォーマーとして活躍するAISHAさん。前職は、ダンス講師やバッグダンサー、振り付けのアシスタントとして活動されていたそう。好物は麺類だそうです!

パフォーマーを目指したきっかけ

――パフォーマーを目指したきっかけは何ですか?
AISHAさん(以下敬称略)
b-monsterに入る前短期で留学をしていたんですが、帰国してから少しの間何をするか考えていました。ずっとダンスをやっていたので体を動かす仕事がよくて、暗闇フィットネスの存在を知ってからはその中で探していました。そんな時、仲の良い友達が、こんなところもあるよ。と、b-monsterのHPを送ってくれたんです。クールなイメージに惹かれてb-monsterに決めました。

パフォーマーという仕事にかける思い

――大きなテーマにはなってしまうんですが、パフォーマーという仕事をしていく中で大切にしている思いはありますか?
AISHA:デビューからずっとそうなんですが、参加してくれている皆さんが45分間のプログラムを受ける中で、よりかっこよくなっていってもらいたいと思っています。

――受講者から実際に自身の変化について、声をもらう事はありますか?
AISHA:はい。痩せましたという声が一番多いんですが、苦手な動きを克服出来たという声も聞きます。プログラムはパフォーマーによって雰囲気が全然違っていて、私はずっと英語オンリーでやっているんですが、お客様の中には何度もプログラムを受けるうちに英語が聞き取れるようになったという方もいました。

やりがいを感じる瞬間

――どういった時にやり甲斐を感じますか?
AISHA:プログラム中に皆さんの頑張っている姿を見ている時です。汗をかいている姿もそうですし、夢中になって動いていたり追い込んで頑張っている姿を見ると、やっていてよかった、楽しいなと感じます。

b-monsterを選んだ理由

――b-monsterを選んだ1番の理由をお聞きしたいんですが、やはり冒頭の質問でもお答えいただいた“かっこいい”印象というものが大きいですか?
AISHA:そうですね。HPの他にも、b-monsterのパフォーマーはそれぞれInstagramのアカウントを持っているんですが、そこに投稿されている写真を見て、スタイリッシュでクール。そして、ニューヨーク発というワードにすごく惹かれました。

――海外発。魅力的ですよね。留学はどちらに行かれたんですか?
AISHA:LAです。海外発、加えて留学先がアメリカだった事もあり、そこに惹かれました。

プログラムの際にこだわっている事や気をつけている事

――プログラムの際にこだわっている事や、特別に気をつけている事はありますか?
AISHA:私は自分を見て頑張って欲しいと言うのが強いので、誰よりもキレキレに動くのを大切にしています。パフォーマーによってプログラムの進め方が違うので、盛り上げに徹するパフォーマーも中にはいるんですが、私は、とにかく自分が動いてお客様を先導したい。という思いでステージに立っています。

――確かにずっとパワフルに動いていた印象でした!パフォーマーさんによって全然違うんですね。
AISHA:個別に視線を合わせて鼓舞する人もいるし、声掛けで盛り上げる人もいます。今はコロナもあるので出来ないんですが、コールアンドレスポンスで場を盛り上げるパフォーマーもいます。

暗闇フィットネスに興味がある方へのメッセージ

――最後に、現在クラフィットを利用するユーザー層が、暗闇フィットネスには興味があるけれど経験はないと言う方がすごく多くて、そんな方に向けて背中を押すようなメッセージをください!
AISHA:とりあえず足を運んでみてください!b-monsterで言えば、ボクシングに抵抗感のある方って女性は特に多いかと思うんですが、一度その抵抗感を取り払ってみると、暗闇だから夢中になれるし、音楽が爆音だからその分集中できるし、人それぞれ楽しめる何かが、b-monsterにはあると思います。
私はジムに通っていた時、一人で黙々とトレーニングをするタイプでした。だから煽ったりせずに黙々とやれる空間を作るようにしています。パフォーマーやお客様の数だけ、いろんな楽しみ方があると思うので、暗闇でボクシングができるb-monsterでその楽しみ方を見つけてもらいたいです。是非気軽にお越しください!

――AISHAさん、本日はありがとうございました!
AISHA:ありがとうございました。

最後に

今回インタビューを受けてくださったパフォーマーのAISHAさんは、ステージの外でも芯のあるかっこいい女性でした。個人的には、時折見せるはにかんだ笑顔がとっても素敵で印象的でした!

AISHAさんの所属するb-monster恵比寿スタジオは、1回券や回数券の受講も出来るようです。
入会の際の情報やキャンペーン情報はその都度変わっていくことも多いので、
気になる方はこれを機にチャレンジしてみるのもいいかもしれませんね♪

b-monsterは恵比寿スタジオ以外にも東京都内・大阪府・愛知県(海外は上海・台北)にも店舗があるので、
お近くの店舗を探してみてくださいね!

b-monster(ビーモンスター)銀座スタジオ
アクセス:有楽町線 銀座一丁目駅6番出口 徒歩3分・丸の内線 銀座駅A13出口 徒歩6分・銀座線 銀座駅A13出口 徒歩6分・JR有楽町駅 京橋口 徒歩8分
b-monster(ビーモンスター)池袋スタジオ
アクセス:JR各線 池袋駅東口より 徒歩2分・東京メトロ各線 池袋駅東口より 徒歩2分・西武池袋線 池袋駅東口 徒歩2分・東武東上線 池袋駅東口 徒歩2分
b-monster(ビーモンスター)新宿スタジオ
アクセス:副都心線 新宿三丁目駅E2出口 徒歩2分・丸の内線 新宿三丁目駅E2出口 徒歩2分・都営新宿線 新宿三丁目駅E2出口 徒歩2分・JR各線 新宿駅 東口より徒歩7分
b-monster(ビーモンスター)恵比寿スタジオ
アクセス:日比谷線 恵比寿駅2番出口より 徒歩2分・山手線 西口 徒歩2分
b-monster(ビーモンスター)羽田スタジオ
アクセス:東京モノレール 羽田空港第1ターミナル駅 徒歩5分・京浜急行電鉄空港線 羽田空港第1・第2ターミナル駅 徒歩5分
b-monster(ビーモンスター)青山スタジオ
アクセス:銀座線 表参道駅 A4出口 徒歩4分・千代田線 表参道駅 A4出口 徒歩4分・半蔵門線 表参道駅 A4出口 徒歩4分・銀座線 外苑前駅 1a出口 徒歩5分

今回お邪魔したb-monster恵比寿スタジオの体験記事も掲載しています。
興味のある方は、是非読んでみてくださいね!

報告する

関連記事一覧